BCL - Beauty Creative Lab

OPEN

BCL カンパニーの人

誰もが知っているヒット商品を


生み出すのが夢です

分業ではなく、商品開発のすべてを手掛けられます

学生の頃、時々バラエティショップでBCL カンパニーの商品を購入していました。可愛らしく、ユニークな商品を多数展開していることから、きっとクリエイティブで自由な社風に違いないと好感を抱き、入社を志望しました。

現在は、ドラッグストアやバラエティショップで販売する商品の企画や開発進行を担当しています。企画立案から始まり、OEMメーカー様と製品の開発を進める一方で、デザイナーや資材調達などの関連各部署と連携して、パッケージや容器デザインなども検討していきます。商品が完成したあとは、営業や宣伝部と共に商談、販促、広告展開などをサポート。ひとつの商品が世に出るまでには社内外問わず多くの人が携わり、長い時間と労力を要します。その分、完成した商品を手にする瞬間や、お客様にご愛用いただける喜びは格別。SNSや動画サイトなどで、実際に商品を購入して使ってくださっているお客様を見かけると、うれしさが込み上げてきて、次もがんばろうと意欲が湧きます。大好きな化粧品に囲まれながら仕事ができるのは、それだけでも楽しく、幸せなこと。その点が、この仕事の最大の魅力だと思います。

完成した商品は我が子のような存在です

最も印象深い仕事は、入社後、初めて手掛けたリップグロスの開発です。初心者ゆえの自由な発想でチャレンジングな内容に取り組んだ結果、大変な苦労をしました。思い描く使用感や仕上がりがなかなか実現できなかったり、キャッチコピーを何度も練り直したりと、経験不足も手伝い開発は難航。でも最終的には納得のいくものへ辿り着き、完成品を目にしたときは我が子が生まれたような感動がありました。夢は「商品名を聞けば誰もがすぐわかる」というようなヒット商品を生み出すこと。知識の蓄積にともない冒険をしづらくなってしまうのは成長の証といえますが、自分の「好き」をストレートに“ものづくり”へ投影する新人の頃の情熱を忘れないようにしたいと思います。

BCL カンパニーは個性豊かな社員が揃い、一人ひとりが主体的な気持ちで活躍できる会社です。楽しく、やりがいを感じながら働けるので、若い皆さんの感性でぜひ新しい風を吹かせてください!

私から見た小川さん

企画本部企画2部 部長 
小沼 純子 2005年入社

常に最新のコスメトレンドに敏感で、旬なコスメの企画が得意な小川さん。トレンド感を大切にしながらも、女の子たちが等身大で手を伸ばせる「親しみやすさ・共感」も忘れません。大胆に舵を取っているように見えて、実はとても緻密で繊細。関係者とのコミュニケ―ションはいつも丁寧で、スケジュール管理もきちんと行うしっかり者です。


国内事業部東日本営業部 
近藤 允 2013年入社

※現在は海外事業部

ある仕事で小川さんと一緒に業務に取り組んだ際、お話しをする中で、すごくトレンドに敏感で繊細な女性だな、と思いました。企画部は約1~2年かけて新商品を検討しているため、トレンドに敏感な小川さんだからこそ手掛けられる製品がたくさんあります。営業の私にも商品の使い心地や押しとなる部分を丁寧に教えてくれるので、化粧品アドバイザーとしていつも頼りにしてしまいます。

他の先輩を見る